blog index

介護ほっとステーション



<< ご無沙汰していましたー仕事で忙しかった | main | 自分史91  ケアマネなんてやってられない >>
自分史90  土日の完全週休二日  これぞ人間の生活

            世界遺産になった富士山 15年前に頂上まで登りました

  少し遡りますがステーションを開設して2年ほどは土日に呼び出しを受けることはありませんでした。完全に土日の週休2日の勤務体制でした。
のちに土日の訪問もするようになるのですが、初めのころは看護師の訪問をとても遠慮されていて必要があっても我慢してくださったと思います。

介護保険制度になってからは遠慮がなくなり、大晦日、元旦もジャンジャン依頼があるようになりましたけど。トホホー。

看護師の職業について30年近く土日の完全週休なんて一度もありませんでした。
管理職になってからは土日に会議や出張がたびたび入って、気が休まることはありませんでした。
はじめての土日の完全週休二日。はじめうれしくてどう過ごしていいか戸惑うほどでした。
土曜日の午前中家事をしたりごろごろして過ごし、午後は温泉で元気をとりもどします。
日曜は買い物やドライブやコンサート、または興味のある講演会などに出かけました。

これぞ本当の人間の生活だー。私はうれしくてたまりませんでした。
気持ちの余裕ができて外に目を向けるようになりました。

飯田は民俗学者「柳田国男」が養子に来たところで柳田国男館があり、民俗学の研究の盛んなところです。
私は「柳田国男研究会」に加入しました。
医療の現場しか知らない私は少し違った分野の教養を身につけたかったのです。
そこでまったく知り合うことのない人たちと知り合いになり、はじめて聞くお話に興味が尽きませんでした。

もちろんフルートの個人レッスンも始めました。
フルートのアンサンブルの会にも加入しました。ただ必ず一年に一回は発表会があり、演奏舞台に立っただけで頭が真っ白になり、恥をいまだにかいています。今村さんの「下手な横好き」は地域で有名になっています。まったくもう。いい加減しなくてわね。

新しいお友達ができて視野も膨らんできたと思います。

そんな時ある地域新聞に珍しい募集報告に目がとまりました。
「週刊金曜日」読書会の参加を呼び掛ける記事でした。
「朝日ジャーナル」が廃刊になり、それに代わるリベラルな週刊誌として「週刊金曜日」が発刊されることになったとのこと。
その編集者の一人に隣の松川町出身で元朝日新聞記者の本田勝一さんが入っていました。
私は本田勝一の本は色々読んでいました。彼の大フアンでした。
地域にもフアンの方が大勢いて、その一人の方が読者会の結成を企画し呼び掛けてくださったのです。

第一回の会合に迷わず参加しました。
30人近い方たちが集まっていました。
この会の会員になったことでその後の私の人生に色々と豊かに変化していくことになりました。
そのことはまたおいおいと報告していきます。

| 今村 洋子 | - | 12:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:42 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://kaigojuku.jugem.jp/trackback/369
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
おしゃべり広場掲示板
≪おしゃべり広場−入口−≫
掲示板への書き込みは現在休止しておりますが、過去の記事はご覧いただけます。洋子さんへのメッセージ、ご質問はブログのコメント欄へお願いいたします。
アウトリーチから
≪あなたもブログをつくりませんか≫ 今話題のニューメディア、ブログで情報発信したいけれど…、「技術的に自信がない、時間の余裕がなくて管理ができない」という方に、アウトリーチがブログ作製・管理のお手伝いをいたします。まずはメールで気軽にお問い合わせください。
【メールはこちらをクリック!】

『チャレンジドZAKKYのバリアフリー探検記!』
アウトリーチの当事者スタッフが書いているブログです。彼女が皆さまのブログをサポートします。


bolg index このページの先頭へ