blog index

介護ほっとステーション



<< 自分史87  長野県訪問看護ステーション連絡協議会の初代会長に | main | 自分史89   事務所を新築しました >>
自分史88 危なかった介護支援専門員の資格試験
 
    小笠原父島の美しい海岸

平成12年4月より介護保険制度が開始されました。

この制度の一番の特徴は介護支援専門員(以下ケアマネ)という新しい専門職業が生まれたことです。

15種の医療介護関係の専門職(医師 看護師 ヘルパー 栄養士 薬剤師 接骨師等)で5年以上の経験を持つ人が資格試験を受けて資格を取得できます。

もちろんステーションの職員9名全員が受験できるのでみんなで試験を受け資格を取ろうということになりました。

介護保険制度を詳しく掲載されている分厚い本から問題が出されるとのことでみんな購入して勉強を始めました。

 

私は長野県訪問看護連絡協議会の会長という立場で厚生省主催のケアマネの特別研修をうけさせられました。1週間にわたる研修でした。

よし。これだけ研修うけたのだからと試験は大丈夫と私は気が緩んで安心していました。

 

あと1週間に試験が迫っていました。

そこへ一本の電話がかかってきました。

友人の接骨院の院長さんです。

「僕もケアマネの試験うけます。もう7冊問題集を勉強しました。自信ないので今村さんはどんな勉強してか教えてください?」

えっ。そうか問題集か。私は衝撃を受けました。そんなに問題集が出ているとは知りませんでした。彼にどんな返事をしたか覚えていません。

私はすぐ大きな本屋に飛んでいきました。まあ、ありました、ありました。幾冊も問題集が出版されていました。

私は一番分厚い問題集を買って家に帰り問題を解き始めました。

全然正解がわかりません。かなり捻った問題ばかりです。時間がないので問題と解答をただ読んでいきました。

なんと私が受けた厚生省の研修内容は試験対象になっていなかったのです。

それは介護計画作成のためのアセスメント手法の研修でした。

アセスメントツールは5種類ほどありました。

各職能(看護師 介護福祉士 社会福祉士など)が職能の特徴を生かしたツールを開発していました。

ケアマネ試験に合格した人はその5種類のアセスメントツールの講習を受けてはじめて資格を取得できるのでした。

 

で私はその講習の講師の任務を負わされていたのです。

あわてて行った問題集のおかげで私は無事試験に合格しました。

ケアマネの講師が試験に不合格だったらなんとみっともないことだったか。

電話を下さった接骨院の院長に感謝、感謝。

彼も無事に合格。現在接骨の仕事をしながらケアマネの事業所も開設しています。

で、ステーションの職員は6人が合格。

訪問看護と兼務でケアマネをしている人やケアマネ業務を専門にしている人やまったくしない人もいます。

 

アセスメントツールの講義はどうしても看護協会で開発したツールに熱が入ってしまいます。それは医療的ケアーが浮き彫りになる少し難しいツールでした。

結果、あまり評判が良くなくて採用する事業所は少なかったようです。

もちろんわがステーションは採用して購入しました。

どのツールも開発に相当のお金がかかったと聞いています。

 

ところがです。

しばらくケアマネの仕事を続けていると、何もいちいちコンピューターに向かって情報を入力してアセスメントして介護計画を立てるのは面倒くさいし時間がかかります。

そんなことしなくても利用者とご家族のニーズに沿った介護計画を立てることが出来るようになっていったのです。

 

今、どのくらいのケアマネがツールを利用しているのでしょうか。

消えていったアセスメントツール。開発した人たちはどんな思いをしていらっしゃるのかと心が痛みます。

 

 

 


 

| 今村 洋子 | - | 20:40 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:40 | - | - |
コメント
洋子さん、私こそ危なかったんですよ(笑)
私の勤めていたステーションでも確か7名ほどの看護師が受験しました。
制度が始まる前年のことです
もともと訪問看護師は、地域の制度のことや福祉用具のことなどの調整役をしていたので、ぜひとも資格をとらねばと、「ケアマネ合格セミナー」などと称し、なぜか私が中心となり勉強会を何度となく行い、受験日に備えました。
“全員合格!!”なんて意気込んでいった試験会場!
結果は私ともう一人を除く5名が合格!!
なななんと!!不覚にも私は受験に失敗してしまいました。
悔しくて情けなくて、訪問看護を辞めようかとも思ったくらい(^−^)ゞ
まぁ、2000年の制度開始までには研修も済み、無事にケアマネデビューも果たしましたが・・・
アセスメントツール。そうですね。
財団方式は周りの方から難しすぎる!と不評も私たちはもの凄く頑張って活用しました(当時)
介護福祉士の団体のツールは確か、トイレットペーパーの有無の評価など生活に密着した内容にびっくりした覚えがあります。

今はケアマネの更新研修にちょっと不満があります。
もっともっと実践に近く寄り添い、ケアマネが(自分も含めて)育つ研修にならないかなぁ〜

勝手なことを申しましたm(−−)m
| yasuko | 2013/04/07 2:26 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://kaigojuku.jugem.jp/trackback/365
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
おしゃべり広場掲示板
≪おしゃべり広場−入口−≫
掲示板への書き込みは現在休止しておりますが、過去の記事はご覧いただけます。洋子さんへのメッセージ、ご質問はブログのコメント欄へお願いいたします。
アウトリーチから
≪あなたもブログをつくりませんか≫ 今話題のニューメディア、ブログで情報発信したいけれど…、「技術的に自信がない、時間の余裕がなくて管理ができない」という方に、アウトリーチがブログ作製・管理のお手伝いをいたします。まずはメールで気軽にお問い合わせください。
【メールはこちらをクリック!】

『チャレンジドZAKKYのバリアフリー探検記!』
アウトリーチの当事者スタッフが書いているブログです。彼女が皆さまのブログをサポートします。


bolg index このページの先頭へ