blog index

介護ほっとステーション



<< 自分史83   二年目に600万円の黒字だしたのに | main | 自分史 85  温かい楽しい職場にしたかった >>
自分史 84  知恵を絞っての創意工夫した訪問看護
  

    友人からいただいた花束

 介護保険制度が開始される前の高齢者の介護サービスは、メニューも量も質もお粗末極まりありませんでした。
ショートステイから帰って来た利用者は仙骨部に床ずれができていました。
訪問入浴を依頼するとMRSAの検査をしてからといわれ、主治医に検査をお願いしたりしているうちに申し込んでから3カ月もかかってやっと開始される始末でした。
しかも月2回受けられると良いほうで、発熱などでキャンセルするともう代わりには来てくれません。
訪問介護は週の2回が限度で土日祝日はお休みでもちろん時間外はなし。
私は市長に直訴したり、あちこちでかみついて回っていましたが改善されることはありませんでした。

そんな事情の中、訪問看護はさまざまな工夫をせざるを得ませんでした。

床ずれの処置の指示で訪問してみると消毒したガーゼは医療機関から提供されていませんでした。
薬局で買ってきたという4センチ四方の小さなガーゼが絆創膏でちょこんと当ててあるだけで浸出液や膿がオムツにあふれ出でいるありさまでした。
消毒したガーゼは薬局で購入するより方法がなく、1枚40円もしていました。家族はたくさん買えません。
こんな状態では床ずれが良くなるわけがありません。
私は必要なだけ消毒ガーゼを提供することにしました。
1枚7円のガーゼを購入して4つ折りに畳んだガーゼを消毒缶に100枚入れて消毒して実費だけいただいて提供しました。
当てたガーゼがずれないように幅広の絆創膏を利用し、またオムツの当て方を工夫して尿が傷に当たらないようにしました。それだけで軽い床ずれはどんどん治癒していきました。

はじめて寝たきりの方を訪問するともう玄関からブーンとした臭いがしてきました。
はじめての訪問で私は臭いをなくすために2時間くらいかけて頭の先から足もとまで清拭しました。

臭いがとれてさっぱりした時のご家族の喜びの顔をみると疲れも取れました。また往診の医師もびっくりしたと電話をいただきました。

臭いの元はまず頭髪です。伸びてボサボサ頭は何日も洗髪されていません。私は新聞紙を頭の下に敷いてお髪をさっぱりとカットして、大きな紙オムツを頭の下に敷いて洗髪しました。
陰部は屎尿で汚れている方がほとんどでペットボトルに入れたお湯と石鹸でよく洗いました。
汗に塗れた身体は石鹸を付けたタオルで拭くとそのタオルは真っ黒になるのでした。
その後は蒸しタオルで何回か拭くとさっぱりした綺麗な身体になり石鹸の臭いが残るのでした。
手と足は洗面器に入れたお湯にしばらく浸けて石鹸で洗いました。

そんな中どうしても入浴をさせてあげたい寝たきりの利用者に組み立て式の浴槽を持ち込みお風呂場で組み立てて入浴介助をしました。
その組み立て式の浴槽はスポンジの入った厚いビニールでできていて一式7万円くらいしました。ところが半年も使っていると穴が開いて水もれがして使用できなくなりました。
何回か買い替えをしました。確か5回くらい買えかえしたと思います。

介護保険制度施行以後は希望して週に2回から3回も訪問入浴を受けていらっしゃる方もいます。
現在では玄関から臭いがするお宅は無くなりました。

また、床ずれの予防効果あるエアーマットが介護保険で安価でお借りできるようになり、消毒ガーゼを提供しなくてはならない床ずれのある寝たきりの方は居なくなりました。

| 今村 洋子 | - | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:15 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://kaigojuku.jugem.jp/trackback/361
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
おしゃべり広場掲示板
≪おしゃべり広場−入口−≫
掲示板への書き込みは現在休止しておりますが、過去の記事はご覧いただけます。洋子さんへのメッセージ、ご質問はブログのコメント欄へお願いいたします。
アウトリーチから
≪あなたもブログをつくりませんか≫ 今話題のニューメディア、ブログで情報発信したいけれど…、「技術的に自信がない、時間の余裕がなくて管理ができない」という方に、アウトリーチがブログ作製・管理のお手伝いをいたします。まずはメールで気軽にお問い合わせください。
【メールはこちらをクリック!】

『チャレンジドZAKKYのバリアフリー探検記!』
アウトリーチの当事者スタッフが書いているブログです。彼女が皆さまのブログをサポートします。


bolg index このページの先頭へ