blog index

介護ほっとステーション



<< 伊那谷たより 第13便 「伊那谷の春〜我が家の庭〜」 | main | 伊那谷たより 第14便 「ケアハウスかみさと」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ゆうゆう介護塾 第13話 「認知症は神さまの贈り物」
バイカウツギの写真
 母は、86才でもうじきこの世を去ろうとしています。
一人娘の私と暮らすようになって、17年目です。高校を卒業してずっと離れて暮らしていたので、母が本当はどんな人なのか意外に知らなかったのです。

 私には3人の娘がいます。娘たちが、私に対して甘えたり、好きなことを言ったり、時に口争いをしたりするのを見て
「いいなぁ。お母さんに甘えたり、勝手なことを言ったりできて、羨ましい。私は物心ついた時には母親は病気がちで、小さな弟たちが3人もいて、絶対に甘えられなかった。一度も口応えしなかったし、ものを頼んだりもできなかった。母に何かしてもらった覚えは何もないねぇ」

 幾度となくそのことを口にするのです。子供の頃の経験が性質をつくるのでしょうか。
人に何かを頼んだり、自分の望みを表に出すことがなく、何でも自分でやり通す、気丈で我慢強い人でした。
少し、身体が不自由になっても、決して私に迷惑をかけようとしませんでした。
それでいて、後で愚痴をこぼすのです。
「そうして欲しかったら、そういえば言いのに!」私は声を荒げ、可愛くない母と思うのでした。

 時には、「どうせ良くはならないのだし、人さまに迷惑をかけてまで生きていたくない、早く死にたい」と悲観的になることもありました。

 2年前、肝硬変がすすんで少しボーとしていたとき、ベッドの柵をつかみそこなってお尻をつき、大腿骨を骨折しました。手術をして約2カ月ちかい入院をしました。退院間じかになって「認知症」を発病したのです。
私にとっては晴天の霹靂でした。看護の仕事を通して、どんな人にも認知症は起こりうることを身にしみているのにもかかわらず、いざ肉親がなると、「このしっかりものの母にかぎって」と大変な衝撃だったのです。

退院してからの一時期は夜中に車椅子に乗って外に出て行こうとしたり、目が離せず辛い思いをしました。すぐに服薬治療を開始して、一月もすると認知症がほとんど治癒したかのように穏やかになりました。

でも、性質は一変していました。
食事に対して「冷たい」、「辛い」、「甘い」といちいち文句をつけます。
ついていてくれるヘルパーさんに、腰や足をさすってもらい、しっかり甘えているのです。認知症発病前には決して見られない母の態度でした。

病気に対しても「いつか良くなるよね。我慢、我慢」などと言い、希望を持つようになりました。時々おかしなことを言い、ヘルパーさんにとても可愛いがってもらう母になりました。
母の病室に笑いが起こり、和やかな日々が流れています。
私は救われました。「認知症」に感謝したい気持ちになりました。

 母は子供の頃得られなかったものを今取り戻して、この世にお別れをしようとしているのだと思います。


ケースから学ぶ

 神経内科専門のF医師は、あちこちの講演で「認知症は神さまの贈り物だ」という話をなさっていました。
死に対する恐怖や周囲に対する気兼ねなどがなくなる老後であれば、それはやはり神さまの贈り物と言えるかも知れません。

「認知症」については、まだまだ人に知られたくない病気だと思われる方が多く見られます。また「認知症」とは認めたくないご家族の気持ちが、服薬治療の開始を遅らせたり、介護対応を間違えて、かえって病気を悪化させているケースも見かけます。

 「認知症」は誰もがかかる、明日はわが身の病気です。啓蒙活動も盛んになり、世間でもずいぶん理解がすすんできました。ちょっとおかしいなと思ったら一刻も早く専門家に相談しましょう。

地域に「呆け老人をかかえる家族の会」(〜現在名称変更を検討中〜)の組織があれば、親身に相談に乗ってくださいます。


≪アウトリーチのオススメ本≫
本の題名をクリックするとアマゾンブックスから簡単に本が購入でき、最短1日であなたの家へ本が届きます。メールでのご注文も受け付けてます。ここに掲載している以外の本の注文もできます。
【メールはこちらをクリック!】

認知症の介護のために知っておきたい大切なこと―パーソンセンタードケア入門
認知症の介護のために知っておきたい大切なこと―パーソンセンタードケア入門
「ぼけちゃったら、なにもわからなくなって、もうおしまい」 そんなふうに思っていませんか? 「そうじゃないよ。できることは、まだまだたくさんあるんだよ」 介護者が自信を持ってケアするための貴重なガイドとなる書。

認知症と診断されたあなたへ
認知症と診断されたあなたへ
『痴呆を生きるということ』(岩波新書)で認知症の世界を余すところなく表現した小澤勲氏が、回想法で著名な黒川由紀子氏とともに、当事者の悩みや苦しみに真っ正面から答えます。
事実と異なるなぐさめなしの、クールに役立つガイドブックです!
認知症が心配な「あなた」、家族に認知症の方がいる「あなた」、認知症の方と何をどこまで話したらよいのか、と戸惑う専門職の「あなた」にも。

| 今村 洋子 | 洋子さんのゆうゆう介護塾 | 00:39 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:39 | - | - |
コメント
洋子さん、涙があふれてきました。
お母さんって、すごく素敵で、強くて、優しくて…
お母さんって、自分が生まれてから、お母さんが逝ってしまう最期まで人生のお手本なんだと改めて想いました。
私の母も、気丈な人です。あまり笑顔を見せず、もくもくと
仕事をこなす人です。私はいつもへらへらしていますが、やっぱり人生のお手本は母だと思っています。
『認知症に感謝!!』と話される洋子さんも素敵だと思います

非常勤に…との事。お身体大切に、本当に無理をなさらないように&#9825;
制度改正で介護保険が始まった頃のような緊張感もあります
が、地域のため、利用者様のため、自分のためにも、がんばって見ます。




| yasuko | 2006/04/01 9:58 AM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://kaigojuku.jugem.jp/trackback/31
広げよう!介護福祉ブログの輪。
このエントリーはヘルパータウンのリンク集に登録されたブログへの トラックバックと...
| 介護福祉ブログコミュニティHelpertownBLOG | 2006/04/02 6:00 PM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
おしゃべり広場掲示板
≪おしゃべり広場−入口−≫
掲示板への書き込みは現在休止しておりますが、過去の記事はご覧いただけます。洋子さんへのメッセージ、ご質問はブログのコメント欄へお願いいたします。
アウトリーチから
≪あなたもブログをつくりませんか≫ 今話題のニューメディア、ブログで情報発信したいけれど…、「技術的に自信がない、時間の余裕がなくて管理ができない」という方に、アウトリーチがブログ作製・管理のお手伝いをいたします。まずはメールで気軽にお問い合わせください。
【メールはこちらをクリック!】

『チャレンジドZAKKYのバリアフリー探検記!』
アウトリーチの当事者スタッフが書いているブログです。彼女が皆さまのブログをサポートします。


bolg index このページの先頭へ